ブログで趣味でプログラミングからお料理まで呟いています。よろしくー。(^-^)/


先月  2022年 6月  来月



1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 24 25
26 27 2829 30


文字サイズ変更:
トップページ > ニュース

●ニュース●

2022-06-28 10:07:54

梅雨明け2022



気象庁は2022年06月27日、九州南部地方、東海地方、関東甲信地方で梅雨が明けたとみられると発表しました。
梅雨明けは、関東甲信地方で観測史上最も早く、そして九州南部地方と東海地方でも2番目に早く梅雨明けしました。
いずれも、東海地方13日間(過去の最短は20日間)、九州南部地方16日間(同21日間)、関東甲信地方で21日間(同23日間)と、梅雨の期間は過去最短です。
気象庁は「適切な熱中症の予防行動を早め早めにとってほしい」と呼びかけました。


*記録的に早い梅雨明けの理由
この記録的に早い梅雨開けは、上空の偏西風が日本付近で北に大きく蛇行しているためらしい。
日本の南の太平洋高気圧がこの時期としては、平年よりも本州付近に強く張り出し、梅雨前線も北上した。

東日本より西側の他の地域は、この日は曇りや雨だったため、梅雨明けの発表は見送られたが、今後は梅雨前線の影響を受けにくくなると見込まれています。
各地域の梅雨明けが、近日中に発表されるのは、異常気象センター室長が「明言できないが可能性はある」としています。

同庁が21日に発表した3か月予報では、7~9月では奄美地方をのぞき、全国的に高温になるとしている。
世界中で「ラニーニャ現象」が昨秋から続いている影響とみられています。
ラニーニャ現象の際、南米のペルー沖から太平洋中部にかけて赤道域では、海面水温が低くなる一方、太平洋西部の水温は高くなります。
日本の南の海上では水蒸気の量が多くなり、積乱雲の発生が増加し、この影響で上空のチベット高気圧の張り出しが強まり、偏西風が通常より北を流れます。

この結果、太平洋高気圧も北へ張り出し、日本列島は暖かい空気に覆われやすくなって暑くなるのです。
ラニーニャ現象が梅雨前線の北上を早めた可能性もあるということです。


出典「毎日新聞 梅雨明け、異例ずくめ 関東甲信、最速 東海、最短13日間

出典「朝日新聞 早い梅雨明け、蛇行する偏西風のせい 「ラニーニャ」でこの夏は暑い


ぜひ、参考にしてください。
紹介「夏日、真夏日、猛暑日、熱帯夜について
Print Twitter(test) short URL いいね:22

back to the TOP
2022-06-17 03:49:09

自治体のそっくり偽サイト増える



看過できない記事を見つけたので、メモを貼りつけたいと思います。

Microsoft 検索サイト Bingで、自治体の偽サイトが、検索の上位に表示されているとして、注意喚起されています。
本物の自治体のサイトのURLが、検索の上位に表示されないどころか、検索に表示されない事態も起こっているそうです。
しかし、検索大手のgoogleは、そのような事態にはなっていないそうです。
但し、興味本位に、偽サイトを探し出して、ブラウザで表示するのは止めた方がよさそうです。
本物と勘違いして、個人情報を搾取されたり、最悪なのはブラウザで表示するだけでコンピュータウイルスに感染する恐れがあるようです。

私見ですが、対応としては、検索サイトのBingが対応できるまでは、安全な検索サイトで必要な本物の自治体のサイト検索をあらかじめしておいて、ブックマークするのがよろしいかと思います。


出典「朝日新聞デジタル 自治体のそっくり偽サイト相次ぐ 公式が「消えた」自治体も
Print Twitter(test) short URL いいね:15

back to the TOP


PR (i)