ブログで趣味でプログラミングからお料理まで呟いています。よろしくー。(^-^)/


先月  2022年 9月  来月




1 2 3
4 56 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

文字サイズ変更:
トップページ > 詩、小説

●詩、小説●

2022-09-05 16:36:56

恨み言



ぎゃー。
あ、また妹が泣き出した。
お母さんが駆けつけて、聞いてくる。
「どうしたの?一体。」
「ママ、お兄ちゃんヤダ。」
「何かあったの?」
「お菓子取られちゃった。」
また、あーん、と泣き出す。
僕は、いつもの事じゃん、ちょっとくらい、いいでしょ。
独り言を言うが、誰も聞いてくれない。ちぇ。

「また、お菓子あげるから、泣き止んで、ね?」
お母さんは、また甘やかす。
僕には一切、付け足しのお菓子なんてないのに。
いつもそうだ。

「妹なんて、いなくなっちゃえばいいのに。」
思わず独り言を言うと、キャー。…って悲鳴?
「妹が消えた?マサカ。」
僕はタカをくくっていた。そんな事あるはずがない。
だけど、妹は、一週間たっても、戻って来なかった。
警察に届け出も出した。
僕は、家の中をくまなく探した。
けれど、見つからない。
僕は遊ぼうと思っても遊べなかったし、食欲もなかった。
そして、ある、独り言を思い出していた。
「妹なんて、いなくなっちゃえばいいのに。」

僕は、マサカと思ったけど、これが原因のような気がする。
どうしよう。
僕は、握りこぶしをギュッと握って、強く思った。
いつも、甘やかされる妹。
不平不満だらけだったけど。
だけど、いつも「お兄ちゃん」って慕ってくれてた。
僕は、いつの間にか、ジャイアンみたいに偉そうにしていた。

「あ。」雫が目から、ポツっと落ちた。
妹、妹。今、笑いかける妹の姿が、思い浮かんだ。

「神様、神様、もうお菓子を妹から取ったりしません。だから、妹を返して下さい。」
遠くから、とてもいい声がする。
「ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ。あんたさんは、妹がいらん、言うておったろ?いらないのと、違うかの?」
か、神様なのかな。

「僕がいけなかったんです。妹は大事な家族です。返してください。」
必死で祈る。

「もう、恨み言は、言いませんから!」
僕は手を合わせて、必死で祈った。
「それを、聞きたかった。善きにはかるかの。」
その声が笑い声とともに消えると。

「ハッ」寝汗をびっしょりかいた僕がいた。
となりに顔を動かすと、甘い匂いとともに、すーすーと寝息をたてる妹がいた。
Print Twitter(test) short URL いいね:11

back to the TOP


PR (i)