ブログで趣味でプログラミングからお料理まで呟いています。よろしくー。(^-^)/


先月  2023年 3月  来月



1 2 3 4
5 6 78 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

文字サイズ変更:
トップページ > 詩、小説

●詩、小説●

2023-03-11 22:39:14

今ある命は



今ある命は
今しかないと、言う者がいる
ある者は
100まで生きてると
言う者がいる

不確かな命は
なんて不平等なんだろう
だけど、命は
なんて眩しいのだろう
今ある命の輝きで
世の中満たされている

命の明日は
誰もわからない
だけど
明日を信じて
また頑張りたい
自分を信じて



この詩は、本日、フィギュアスケートの羽生結弦さんのアイスショーで言われた言葉を聞いて、思い浮かんだ詩です。
彼は、宮城県民なのだそうです。
なので、リンクで1分間の黙とうを捧げたり、涙ぐんだりしていた理由を、マイクを持って述べられていました。
今日滑ったリンクはかつて、遺体安置所だったそうです。
だけど、震災の後、別の建物になり、羽生結弦さんが滑った今日は、なんと震災の起こった日でもあるのです。
滑ってもいいのだろうかと逡巡したそうです。
だけど、羽生結弦さん達が滑ることによって、震災で色んな気持ちになった人々が、優しい気持ちになったり、希望を持てたりできたのではないかな、とそう思ったそうです。
私は雪国生まれですが、震災は東京で過ごしておりました。
だから、彼の震えるような気持ちにこたえる形で、詩が思いつきました。
震災を悼むとともに、詩を愉しんでもらえたら、と思っております。
それでは。

紹介「スポーツ報知 羽生結弦さん 黙とう捧げ、涙…何度も氷に手を置き「宮城県民として説明させてください





Print Twitter(test) short URL いいね:13

back to the TOP
2023-03-07 16:50:52

春の俳句no.1



なんとなく 換気で知った 小春日和

字余り。(^-^;)
Print Twitter(test) short URL いいね:10

back to the TOP


PR (i)