ブログで趣味でプログラミングからお料理まで呟いています。よろしくー。(^-^)/


先月  2022年 12月  来月




1 2 3
4 56 7 8 910
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

文字サイズ変更:

●雑記●

2022-12-09 16:43:54

映画:すずめの戸締り


(c)「すずめの戸締り」制作委員会

すずめの戸締まりは、怪獣映画のようだ、と思った。
怪獣が出没したら、それを退治するように。
でも、ただの怪獣映画じゃなくて、そこに架空の神話を盛り込んである。
だから、独自性があって面白いと思う。
それに、「すずめ」が「戸締まり」をするという、手垢のついていない、最初のインパクトがまた面白いと思う。
それは、雀が小さなドアを「戸締まり」するのかな、と私はイメージしたりした。
すずめは、雀ではなく鈴芽という名前の女子高生だったが。
また、すずめの名字が岩戸だったので、日本神話の天の岩戸伝説から、拝借したのだろうか、または、戸=ドア、をイメージさせたかったのかな、とも思う。
それから、「閉じ師」の宗像草太、の宗像という名字からは、像=容れ物、つまり映画では、草太は子供用の椅子にさせられたり、怪獣を封印する要(かなめ)にさせられたりした。それらをイメージしているように思えてならない。
そして、なんといっても全編で5日間で日本を九州から東北まで横断する、ロードムービーでもあったりする。
その旅は、不安と緊張が何処かにありながら、楽しくもあり、ダイジンにいいように翻弄される主人公達の怒りを感じるものでもあったと思う。
だが、旅の終わりに、本当の事がわかる。
色々な意味で。
東京で草太の日常がわかったり、東北ですずめの幼い頃の本当が判明したり。
旅は、自己の発見と成長があるように思う。
最後に、すずめの恋愛映画でもあることを書いておきたい。
この映画は、色んな側面をもっていると思う。
まだ、見てない方は、是非とも、ご覧になっていただきたいと思います。


出典「映画 すずめの戸締り
Print Twitter(test) short URL いいね:71

back to the TOP
2022-12-05 14:48:58

鉢植え植物:シクラメン



.



家族から、鉢植えの花をもらいました。
シクラメンだそうです。

ピンクのシクラメンの花言葉は「憧れ」「内気」「はにかみ」です。

* 花言葉の由来 *
「遠慮」「気後れ」「内気」「はにかみ」の花言葉は、雨から花粉を守るために下向きに咲くシクラメンの花が、恥らっているように見えることに由来します。


* 花名の由来 *
属名の学名「Cyclamen(シクラメン)」は、球根の丸い姿から、ギリシア語で円を意味する「kiklos(キクロス)」が語源になったともいわれます。

和名の篝火花(カガリビバナ)は、そり返った花びらの形を見たある貴婦人が「これはかがり火のような花ですね」と言ったことから日本の植物学者、牧野富太郎(1862~1957)によって名づけられました。

* 下を向いたシクラメンの伝説 *
草花が好きだったソロモン王は、王冠に花のデザインを取り入れたいと考えました。

ソロモン王はいろいろな花と交渉しましたが断られてしまいます。

そして、唯一承諾してくれたシクラメンにソロモン王が感謝すると、それまで上を向いていたシクラメンが嬉しさと恥ずかしさのあまりにうつむいてしまったそうです。


出典「花言葉-由来
Print Twitter(test) short URL いいね:21

back to the TOP


PR (i)

フェリシモ「コレクション」